2016年4月28日 (木)

結婚&家族結成★祝20周年!!

世間はGWに突入しましたね 家族の時間を楽しんでいますか?
我が家は結婚&家族結成して、20周年を迎えました!( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆
これまでのあゆみを振り返ってみます。

最初は転勤族家族として、大体2年ごとに転勤と引っ越しを6回、
力を合わせて環境の変化を乗り越えて行きました。

短期の転勤族の悩み、育児中の悩み、私自身・母親・妻として感じた気持ち
を出していく場として、同じ環境の仲間と繋がる、とても大事な場所のHPをのんの誕生後の結婚6年目(2002年)に立ち上げて、細々と7年続けてたのを見守ってくれた夫でした。

変化の多い短期の転勤族生活に私がついて行けなくなったのを受けて、
結婚10年目の2006年に夫は岡山に私と子ども達を残し、高知での単身赴任を決意。
以来、月に2~3回の週末家族で家族とのコミュニケーションを維持してくれました。
いつも、子ども達の学校行事に合わせてのスケジュール調整、感謝しています。(*^^*)

当時はしんは小4の9歳。のんは3歳、つぐは妊娠中でお腹の中。
次第にしんは反抗期の荒れた時期に突入していきますが、あゆみ仲間に助けられて、特に仲間の中で大きく成長させてもらいました!\(^-^)/

2009年~2012年に一度転勤で夫が岡山に戻ってきた3年間は、家族全員で一緒に
暮らせる幸せを噛みしめた時期でした。保育士としての仕事再開も果たせました。
その頃、しんは中1~高1で友達と部活中心、のんは小1~4、つぐは3~6歳。
娘達はお父さん大好きで、お休みの日は「何してあそぶ?」って、まとわりついて。
そんな光景を眺めるのが大好きでした。

2012年5月、再び高知での単身赴任への道を歩み始めた夫。
お父さんっ子の、小4-のんは駅までの見送りをすると悲しくなるからと高知へ行くお父さんの見送りをしないようになりました。代わりに、つぐがめいっぱい手を振って、「また帰ってきてね!!」
小さいPHSのメール機能を娘2人に教えてあげると、一生懸命、毎日かわいい絵文字いっぱいのメールを送っていました。つぐはこれでひらがなをばっちり覚えました。

2013年、小5-のんは反抗期(;^^)。周囲にどう見られているか気になる年頃に。
小1-つぐは新しい環境の中、学校生活と学童ライフを私とのんのサポートありきで楽しんでいました。
私も学童の運営委員として、学童にどっぷりと深く関わる様に。

2014年は夫はフェイスブックデビューをし、ここからSNSの楽しさにはまります。
おかげで高知での様子がよくわかって、助かっています。
小6-のんと小2-つぐ、それぞれ学校で困りごとが発生。学校に出向く機会が多くなりました。

2015年、しんは高校卒業後に社会人に。ようやく、子育てでひと段落ついた実感を持ちました。
中1-のんは、社会人になって、しんの身の回りが自分仕様に変わっていく様子を見て、「経済的に自立するって、すごいうらやましい!良いなぁ。」って、羨んでいました。
小3-つぐは相性の良い先生にたくさん良いところを伸ばしてもらいました。

2016年、現在はしんは19歳の社会人2年目、のんは中2の13歳(気力充電中)、つぐは小4の9歳。
少しずつ、各々の繋がりを拡げている模様です。

現在も自分の希望の仕事を現在させていただき、感謝しています。
ただ2008年から発症した糖尿病が、2014年に糖尿病性腎症へステップアップ(^_^;)
健康面ではかなり気をつけていけない身になっています。
自分と家族のために、本気でダイエットしないといけません

夫は30歳から50歳に、私は24歳から44歳に。すっかりミドルなお年頃。
仕事に、各々の繋がっている会の活動に忙しい日々です。
忙しさだけに流されずに、もう少し丁寧に暮らしも子育てもしなくては。
私だけではなく、夫もお互いに体を労らないとね。

友達中心の子ども達だけど、いつでも話ができる関係を大事に
これからも日々を過ごしていきたいです。(*^^*)
こんな我が家をどうぞよろしくお願いいたします!m(_ _)m

  あゆな

| | コメント (0)

2016年4月23日 (土)

あれから5年経ってしまいました (;^^)

ここの場所、本当に久しぶりにやってきました!

実に5年ぶり。すごい、放置ぶりだわぁ。
荒れてなくて、良かった~。
あれから本当に忙しかったのと、フェイスブックの方に軸足を置いてしまい、
気がついたら、こんなに月日が経ってしまった。
久しぶりに2002年2月の日記を読み返していたら、
「こんなことが我が家であったんだ~。」と感慨しきりです。
Nifty本メールから、@ホームページサービスが
2016年9月29日(木)15時をもちまして、サービスを終了
のお知らせが。
とうとう、あの場所がなくなるのかと想うと寂しいです。
当時のHPをスクリーンショットしたのをあげておきます。
2008oldhp
2002tatiai
2005happynet
いろいろ、やっていたんだわ~。


生後2週間目の、のんと 6歳のしんです。
20021222_singonozomi
2人とも、かわいい~! 
 
2011年の頃、子ども達は
しんは中2の14歳、のんは小3の8歳、つぐは4歳。
 
2016年の現在の子ども達はそれぞれのフィールドを歩み出し中。
しんは社会人2年目の19歳、のんは中2の14歳、つぐは4の9歳。

写真で見ると、子ども達はずいぶん、おおきくなった~!!
そして、私は39歳から44歳に。だんなは45歳から50歳に。
すっかり、ミドルなお年頃になってしまいました。
今年の4月で結婚&家族結成20周年を迎えます
体に気をつけながら、元気にいこう♪

| | コメント (0)

2011年12月31日 (土)

2011年を振り返って

こちらも大変ご無沙汰しております。
ずっと忙しくて、更新できなくてごめんなさい!
寒さ厳しくなりましたが、皆さんはお元気ですか?
近況がてら、この1年を振り返ってみました。

私も今年は1月に次女の左足骨折入院、3月に東日本大震災と大きな
災害で故郷の茨城県も被災し、実家から遠く住んでいる事にずいぶん
心が揺れました。
4月から家族との関わりを考えて短時間のパートへ転職しつつも合わな
くて、9月末で辞めて、11月から保育士へ戻ったりと私自身の環境も激
変した1年でした。

その分、泊まり込みの入院で約1ヶ月半の間家族と離ればなれの生活で
助けてくれた長男の友人ママや夫のお義母さんの存在のありがたみや
家族や周囲との関わりの大切さを痛感させられたり、改めて保育士の
仕事の有り難みを思い知らされた出来事でした。ありがたい事です。

元の仕事に戻った事で長時間勤務に。限られた時間の中で家事・こども
達との関わりの仕方を工夫しなければいけなくなりました。
こども達にもおうちのお手伝いを1人1役はやってもらっています。
家族のお手伝いで毎日の活動を支えられています。
そのかわり、しっかりこども達と関わる時間の確保を心がけています。
夕食の時間、寝る前の絵本読みか朝起きた時のおめざ絵本読みなど。
おやつに頼ると肥満につながるので、できるだけ置き手紙書いて出勤
しています。

また、仕事環境の変化で新しい人達との出会いが活発だった1年でもあり、
いろいろ刺激を受けた1年でもありました。

そして、長男も受験生でもあるけど、思春期モード全開です。
仲良し男女グループで映画鑑賞したり、メールやり取りしたりと素直に
長男が話してくれる内容に思わず耳がダンボに。
こども達も変化し始めているのね。
親としてどっしり構えられるようになりたいです。
ここは同じ男子という事で旦那の出番です。夫婦で温かく見守っていきた
いものです。(とはいっても、なかなか思うようにいきませんが)

年末には毎年恒例の夫ファミリー総出の楽しい家族旅行を湯郷でしました♪
(夫が仕事で参加できなかったのが残念。でも、夫抜きでも楽しく関われました)
いとこ達がお互いに関わるのが楽しくできる年齢に大きくなって、ボードゲーム
で和気あいあいで遊ぶ姿に私達は「こういう時間って大事だよね~!また来年
も集まりたいね♪」と想いを再認識して別れていきました。

今年出会えた方々に感謝しつつ、私自身の資質を活かして
今まで助けられた分、恩返しができるようにしていきたいです。
今回の年賀状はそんな意味合いも込めて、
「いつも ありがとうございます」で新年メッセージを載せました。

来年も皆様、よろしくお願いしますね!

   あゆな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

祈りのキャンドルライト

~あゆなのmixiのつぶやき(3/15)より抜粋~

東日本大震災で被災しなかった私達にできる事。
直接、現場へ支援に動けない現状に自分を責めたり、
心配にばかり心をいっぱいにしないようにしよう。

心へ前向きスイッチ。
目の前の自分達の生活に地に足つけて、
いざ、支援に動けるその日が来るまで備えをしよう。
被災された方々に必要な援助が届くように祈りながら。
亡くなられた方々の心からのご冥福を祈りながら。

そのために祈りの時間、キャンドルナイトを
夜7時に家族で送ります。

20110312_

子供達も今何が起こっているのか、

どうして、私がこの祈りを始めたのかをしっかり伝えました。

今では、家族そろうときは欠かせないひとときとなっています。

1日の終わりに静かな癒しの時間を、祈りの時間を共有しましょう。

 ~あゆな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«東日本大震災に心を痛めている皆さんへ(転載)