« 2008年11月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

ご無沙汰&近況です <(;^^)

ながらくご無沙汰していました、ayunaです。

ずっといそがしくて、パソコンの前にも座れない日々でした。sweat01

4月末には溶連菌感染症に再びかかり、冷や汗ものでした。

どうも免疫が弱くなってきてるような。coldsweats01

でも、昨年11月からの糖質制限ダイエットの方は順調で、ついに

-10kgに到達!! さらに-10kg目指してGOGO!!です。good

さて、我が家の近況と悩みです。

3番目の2歳11ヶ月のつっちゃんが現在、言語とコミュニケーションの

軽度発達遅滞があって、今年2月から療育のために児童デイサービスへ

週2、3日母子通園しています。

2番目の小一ののんちゃんは児童デイサービスに母子通園するために、

幼稚園卒園後に4月から学童保育に行ってもらっています。

今年の春は上2人(しんが中一&のんちゃんが小一)がそろって

新環境に変わったので、4~5月は上の2人の生活面のサポート、

3番目のつっちゃんの療育保育とめまぐるしかったです。

やっと生活が落ち着きかけてきたのは5月中旬に。

ちょっと懐具合がさみしくなってきたので、私自身も働くことに前

向きでした。たまたま5月中旬に児童センターの子育て相談員の

週3日の求人があり、つい先週の土曜日に面接を受けました。

面接が通ったことも考えて、認可保育園(上の2人が下の子の出産

のために、産前産後で短期間保育でお世話になったところ)にも7月

入園できないか?と園長先生に聞いたら、定員いっぱいだけど求人

活動中で入園申請してくれれば、入園できるよと言ってくれたので、

話を進めていました。その時に児童デイサービスの方に確認すれば、

今思えば良かった反面、あせりもありました。

遅れてから、児童デイサービスの療育保育の先生に「認可保育園

に通園しながら、デイサービスの療育保育に通うのはできますか?」

と確認したところ、「すみませんが、認可園等の一時保育にに通園

しているのならできますが、本入園だとサービス提供は受けられない

ルールになっているんです。」

茨城だと療育センターと認可保育園の両方に通うのは大丈夫なのに、

岡山はダメなんて!地方によって、対応が違うことに驚きました。

実は5月下旬にあった療育保育での療育相談で、保育園へ3番目の

つっちゃんを行かせるつもりだけど、コミュニケーションの発達が

まだ同年齢の集団の中に入れるにはもう少し発達の底上げしておか

ないと不安があるので、入園させるには来年度に考えます・・・・と

伝えた後だったのです。(3歳になる6月いっぱいでちょうど療育手帳

の次年度切り替えがあります。申請締め切りは6/12まで。)

なので、私自身があせって行動してしまったがために、つっちゃん

にとって現在大事な成長の場のひとつが失う方向付けにしてしまっ

た私自身をすごく責めてしまっています。

2月からの母子通園で、ようやく私以外の先生方と仲良くでき始ま

ったこと、本当に楽しそうに療育保育のリトミックを受けている

3番目の子の笑顔を見ていたら、胸の奥で"なんてことをしたんだ

ろう!私は・・・。"と落ち込むばかり。先生方にも迷惑かけてしまった。

でもこれから先のことを考えると、今保育園に入園できなければ、

私が仕事をして収入を得ることで、夫を支え、家族で岡山に住み

続けることが難しくなるし。

面接の結果は不採用。でも、そのおかげで現在の自分の事を全般的に

見直さなければいけない気持ちになりました。

つっちゃんには負担をかけるけれども、このまま認可保育園に入園し

てもらって、私が求職活動を続けるか、つっちゃんの発達の育ちを最優

先にして、認可園への入園はキャンセルし生活費は節約していくかで

悩んでいます。

もしも、つっちゃんの発達の遅れがなかったら、3歳を過ぎたら保育園に

入園⇒求人活動するつもりで元々いた私です。

だから、子育て相談員の求人を実は見かけた時にすごく悩みました。

私個人として自分の保育士としての資質を活かせる仕事をしたい欲求、

母親として子どもの育ちを確かにゆるぎなくしたい欲求、家族として

家を守りながら夫と子ども達との関係を紡いでいきたい欲求、

児童デイサービスでは同じ軽度発達遅滞の親同士のつながりをもちたい欲求

もあります。私は欲張りなのでしょうか?!

まだ、保育園には入園申請をだしていないので、今日帰ってくる夫と相談です。

よく考えて、最善の方法を探して選びたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年6月 »