« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

ドキドキの初面接!

3度目のチャレンジ中です。run
今日1件、面接を受けてきました。
お仕事内容は縫製のおしごと。
未体験分野ですっごくドキドキしました。

でも、面接してくださった社長さんと
技術担当の方々がとても丁寧に一つ一つを
説明してくださり、
「あとはあなた自身のやる気があるかどうかを
 意思を聞かせてくださいね。それを受けて
 どうするかを決めますよ。」と。

今、夫と子ども達に相談中です。
それぞれの置かれている状況と希望している事、
実際にその仕事を始めた時の日常を想像しなが
ら、私自身が無理なくできる仕事内容かを考え中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

とりあえず、動いてみよう!~3度目の求職活動始動~

私の気持ちとこれからの望みをかなえたいなら、
とりあえず、動いてみよう!と腰をあげました。

まずは福祉事務所とお目当ての保育園に
入園相談&手続きへ。
お目当ての保育園には、軽度発達遅滞の可能性
があるということで療育保育に母子通園している
ことを話して、「環境にじっくり慣らしていきたいので、
保育園側にも負担にならないように、週1回木曜日に、
母子通園させてもらっても大丈夫ですか?」と
持ちかけて、保育園への母子通園がOKになりました。

仕事を始める時は、子どもが保育園に慣れている事は、
安心して仕事に集中できます。(^_-)V

また、軽度発達遅滞は100人いたら、100通りの対応方法
があると言われているので、実際に保育士さんに
普段の母子の様子を見れる機会が作れるし、同じクラス
の中の子どもの様子を見ることで、どんな対応が必要か
を直接、保育士さんに伝えていくのが可能なんです。

また、同じクラスの子ども達と先に仲良くなることで、
クラスの子ども達が気にかけて我が子に関わってくれるようになります。

その機会を作ってもらっている分、自分のできる範囲で
保育の流れをスムーズに出来るようにお手伝いする事も
申し出て、感謝の気持ちを忘れずに。
(たとえば、プールから上がる時に子ども達の体をタオル
でふく、着替えをお手伝いしたり誘導するなど)

こうしていくことで、まずは保育士さんとの信頼関係を
作って、保育園に預けている間の不安を解消していきます。

現在、療育保育の母子通園が月・水曜日、
保育園の母子通園が木曜日、
仕事探しが火・金曜日に決めて動いています。
(↑求職活動時はさんかく岡山託児室か、一時保育のある
私立保育園につっちゃんを預けています)

これができるのは、まず、のんちゃんが学童保育に通えて
いること、さんかく岡山託児室で3時間の短時間保育に慣
れさせてから、一時保育のある、私立保育園に登録して、
9~17時の長時間保育に行ける様にゆっくりステップアップ
させていったからです。

もちろん、療育の先生達にも相談しながら、進めています。
環境の変化に弱い子は長いスパンでゆっくりステップアップ
が親子ともに負担の少ないやり方です。
試してみてね。(^_-)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »